2010年03月30日

ゴジラ、3D映画でカムバック!2012年公開決定

長い間親しまれてきたゴジラが、ついに3D映画としてスクリーンに蘇ることが正式に決定した。

【写真】ゴジラはリメイクのたびにビジュアルが少しずつ変化

バラエティ誌によれば、『ダークナイト』(08)や『The Hangover』(09)などの大ヒット作を生み出してきたレジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザーズが再タッグを組んで製作。タイトルは未定だが、『ゴジラ対ヘドラ』(71)の坂野義光監督や奥平謙二プロデューサーも総製作指揮を兼ね、東宝が日本の配給を担当。2012年公開に向けて製作を開始する。

1954年に東宝が生み出した『ゴジラ』は幾度となくリメイクされており、アメリカ公開の最新作としてはローランド・エメリッヒ監督作『GODZILLA』(98)が、全世界で約4億ドル(約360億円)のヒット。その後も、映画のみならずビデオや本などゴジラ人気は健在で、3D映画で新たなファンを取り込めると判断。また、モンスターを主人公にした『クローバーフィールド/HAKAISHA』(08) が、製作費わずか2500万ドル(22億5000万円)で約2億ドル(約180億円)も稼ぎ出したことで、モンスター映画のニーズがあると踏んだようだ。

ゴジラの3D映画化については、5年前くらいにも噂になっていたが、『アバター』(09)やアメリカで大ヒット中の『アリス・イン・ワンダーランド』で3D映画人気が定着してきた今、満を持しての正式発表となった。【
posted by wasabi at 20:53| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。